英検2級特訓は英検対策の個別指導のACT英語学校 横浜東神奈川教室

英検1級満点/準満点講師と専任プロ講師が対策教材で個別指導する驚異の2級合格実績

ACT英語学校 横浜東神奈川教室は個別指導の中学高校英語と英検2級対策の塾

京浜東北線と横浜線の東神奈川、京急線の仲木戸、東横線の東白楽から徒歩2〜4分。

ACT英語学校のロゴ

英検2級とは

中学生の個別指導の授業風景

英検で一番重要な級がこの英検2級だろう。英語で情報収集ができるようになり始める英語力であり、2級程度の英語力があるかないかで、将来の職の幅がかわってくるし、世界を舞台にした仕事が出来るかが決まる。はたまた、英語になると、もうお手上げの状態になってしまうかの分かれ道といっても言い過ぎではなさそうだ。

この英検2級をどの段階で取得できるかが、今後どれだけ飛躍できるかのカギになります。高校3年で合格するのが標準だが、取得していない大学生も数多い。本校で、受講希望生が一番多い級で、帰国子女では小学生からの合格があります。また、中学生から英語の勉強を始めて中学2年や3年での合格実績がありますが、高校2年や3年での合格が主流です。英検2級の最短距離で合格を目指しましょう!

2級の勉強は高校生のセンター試験の対策にも通じるところがあり、大学受験(日東駒専やMARCHGの)の対策にもなります。慶応大学や早稲田大学の受験生は高校3年で未取得の場合は、猛ダッシュが必要。

英検2級1次試験対策の一部を紹介

2級の合格のために覚えるべき単語や熟語の量が準2級と比べて格段に増しているので、本校では、それらを網羅するべく、「英検準2級用の単語の累積出題形式でテスト」で試験までの間は、毎回の授業で、単語と熟語の試験を行います。問題数の多いこのセクションは、努力の結果が反映されやすいので、最後まであきらめずにコツコツとやります。

文法の知識は準2級の時と大きな違いがないので、準2級の対策の時に、しっかり文法の仕組み、英語の構造を理解していれば、それを応用する程度であったり、単語や熟語の難易度が高まる程度なので、心配はいりません。しかし、英語の基礎になる英文法の理解は、2級合格(センター試験や大学受験)の必要条件ですから、英文法の理解に自信がない場合には、これが英文法を勉強する最後のチャンスなので、英文法をマスターすべく取り組んでもらいます。

具体的には、例えば、関係代名詞、仮定法などの高校で学習する文法事項の習得はもちろん、それが実際の文章(長文など)で使われているものを読むことができるか、またそれらを自分で使うことができるかなどが問われます。

単語や熟語の量や語法に英文法力を踏まえて、当校では読む力の底上げを図るべく過去問題の読解に加えて、センター試験や受験対策にも通用する質の長文を読むためにアメリカの高校や大学の教科書やその副教材、また、新聞記事をも教材に扱います。本試験にも社会ネタで新聞記事に類似したものが出題されるという理由のみならず、2級合格後のさらなる英語力UPを視野に入れた精読・多読・速読の格好の素材だからです。授業では出題傾向に沿い且つ、あなたが関心を持っている内容の記事からピックアップして練習し、その実力を持ってして、試験に出題されるけど、あなたにとって苦手な話題にも進んでいくことで、拒絶反応なく勉強していく方針です。

長文は声に出して読んでもらい音読が意味の切れ目できちんと区切れているかとう観点からもチェックします。

英検2級のリスニング対策

リスニングに関しては、2級は主に日常会話の聞き取りとショートトーク(社会や仕事の話題や)なので当校では過去問題に類似した問題の演習を行います。自宅学習でも熱心にやりたい人は、NHKラジオの「基礎英語3」以上のレベルを毎日聞いてみてください。リスニング力の向上には、短くてもよいから毎日聞き、聴いて分からないところはスクリプトを確かめ同じように発声することです。さらに、同時に2次試験面接対策をするのが効率的なので、聴いた内容について自分の言葉で感想を英語でコミュニケーションをとるという方針で、授業を展開します。

会話文はわかるのに、ショートトークでは、わかっていても聞いたそばから忘れていって、問題が読まれると、質問内容はわかるが、答えは、覚えていないという人がいますが、これは、状況を具体的にイメージしていないということがだいたいの理由です。イメージよりも先に日本語訳が思い浮かんで、理解するときはいつも日本語訳なっている人は、要注意。トークの中で、数字が2〜3出てきたら、どの数字が何に関連しているのかに焦点を当てて覚えておくこと。また、質問の最初の単語(whyなのかwhatなのか)は当然、良く聞いておくこと。授業で扱うリスニングは復習用にCDでお渡ししますので、通学(通勤)で聞いてください。もろもろの対策で、英検2級を合格圏内に!ともに励み実力UPを目指そう。

出題傾向に合わせて英検2級の1次試験の対策も万全

英検2級2次試験対策の一部を紹介

とっさにワンセンテンスやツーセンテンスを文法上の誤りなく発することが出来るという準2級のレベルにプラスして、英検二級二次面接試験では、状況や展開を詳細に説明できる能力や、意見を上手にまとめられるという能力も採点の対象になります。

積極的に説明しようとする姿勢もプラス評価なので、「だんまり」をやると、絶対に合格できません。しかし、話に文法上の誤りが多く、話の展開も支離滅裂となれば、いくら、単語や句を並びたてて、積極性なコミュニケーションをアピールしても、ダメです。

例えば、「Why」の質問に、説得力を持って、答えられる必要がありますので、ニュースになっていることや社会の傾向なども、2次面接対策として、取り入れて練習していきます。最後の問題の形式に答えがうまく出せる実力があれば、その前の質問には、楽にクリアしていることでしょう。

2級より下の級の場合の面接(例えば3級とか)では、これぞ面接対策だ意気込まなくても、1次試験合格者の2次試験合格率は高いわけですが、2級から、2次試験面接落ちの生徒が、本校に来ることからも、講師とのインタラクティブな対策が必要そうです。模擬面接形式でどんどん練習していきます。

本校では、1次試験対策中から2次試験も意識した指導で、英語で話しかけ質問に答えてもらいます。勉強した表現を使って生徒に英語で話しかけ自ら積極的に発話してもらいます。これで、普段からの準備は万端です。2級に合格した生徒に部活動やクラブや趣味について英語で話してもらうと、その話題に関しては、2級とは思えないほどのコミュニケーション能力に感じられますね。

出題傾向に合わせて英検2級の2次試験の対策も万全

英検2級の対策で習いにいらした生徒のきっかけ

英語を勉強しよう!と思い立ったものの、文法も単語もすっかり抜け落ちていたので、基礎から学べ、自分の学力とペースに合わせて学習できる所はないかと探して、こちらに通うことにしました。直前の休み連絡やころころと目標を変える私の学習内容が変更になっても、嫌な顔せず対応して下さり感謝しています。今回、目に見える形で成果を手にすることができたので、当初の目標達成の励みとし、今後も勉強を続けていきたいと思います。なかなか進歩しない生徒ですが、当初の目標達成までご指導をよろしくお願いいたします。

帰国子女の小学生や中学生の英検2級対策について

本校での英語学習で、帰国子女の小学4年生や5年生が英検2級に合格することは充分に可能です。未取得の場合は、次の試験までに合格できるように、さっそく準備にと取り掛かりましょう。点数の稼ぎ頭のリスニング以外の対策で容易に合格圏内に導けることでしょう。帰国子女の方は2級は当たり前なので、さらに上を目指して励んでいきましょう。

ここはACT英語学校 横浜東神奈川教室

コース紹介  >  英検英語特訓  >  英検2級特訓   です。

サイトマップ