中学1年の英検対策と基礎英語の個別指導はACT英語学校 横浜東神奈川教室

英検1級満点/準満点講師と元英検面接員が中学1年生にも個別指導する英語塾です。

ACT英語学校 横浜東神奈川教室は個別指導で中学1年生の高い英検合格実績。

京浜東北線と横浜線の東神奈川、京急線の仲木戸、東横線の東白楽から徒歩2〜4分。

ACT英語学校のロゴ

中学1年英語総合で確実な基礎力にスタートダッシュ

中学生の英語の個別指導の授業風景

小学校から英語教育が導入されているとはいえ、中一は初めて教科として本格的に英語を学び始める大切な時期です。本校では、小学生のうちから確実に実力をつけて中学の英語に臨みたい!という声にお答えしています。(小学校4年生より受け入れ可能)大人になって英語ができないと嘆く人で一番多い原因は中学で習う英語がおろそかになっていることです。確実な基礎を築くためにも、個別指導か2名までのセミプライベートレッスンで、英語を得意になっておくことが大切です。英語の苦手意識が出来ると厄介です。【写真は小学4年生】

その中一の英語学習で大切なのは、まず何をおいても教科書の完全理解とその内容の完全な吸収です。そのための具体的な方法の1つは「音読と音読筆写」です。英語に限らず語学の習得では、目、耳、口、手のいわゆる五感を総動員して学習するのが最も効果が高いことが、経験的にも科学的にも証明されています。当校の授業では教科書の内容を理解した上でそれを何度も音読し、自らの口でその英文と意味を暗唱できるようにします。また自宅学習ではその教科書の本文と単語を5〜10回筆写してもらいます。それを次回の授業で間違いがないかチェックします。あくまでもこの教科書の完全学習が基本ですが、それを補強する意味で中間・期末試験前には教科書の内容に準拠した問題演習を行います。

リスニング力向上にNHKラジオの「基礎英語」を毎日聴くことを勧めます。授業でも講師が学習した表現を使って英語で話しかけますが、それだけでは聴解力向上のために不可欠な「量」をカバーすることができません。また「基礎英語」を聞くことによってネイティブスピーカーの発音に慣れることができ将来の使える英語の基礎を作ることができます。

中学1年の義務教育での学習範囲はbe動詞、this/thatの用法、一般動詞、疑問詞、三単現のs、現在進行形、canの用法、過去形です。当校ではもちろん上記の学習ポイントはおさえながら「練成テキスト」などの問題集を使って各項目の徹底演習、さらに掘り下げての発展学習も行います。また当校ではアメリカの小学生が使う教科書の練習問題のテキストを用い日本の学習要領にとらわれない、本当に使われているナチュラルな英語を身につける授業を行います。このテキストを本校の実力のある講師が教えることによって、発音、表現、読解の面で生徒の実力は飛躍的に伸びることが期待できます。

中学1年の文法、リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング対策。より具体的に本校の方針をご紹介!

中学1年は英語の読み書きを本格的に始める大切な時期です。その大切な時期を確実にスタートさせるために本校では文法、リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングのそれぞれのスキルにおいて中学1年生で必要な英語力を確実に身につけられるようなカリキュラムを組んでいます。また、中1から英語を習い始める生徒たちに向けては、中1のうちに英検4級に合格することを視野に入れて全ての授業を行います。

まず文法において

中1のどの教科書でも扱われている文法事項(三人称単数、代名詞、過去形など)について明解な説明と豊富な問題演習で知識の完全定着を図ります。文法事項の理解の過程では疑問に思うことが出てくることが自然です。その際すぐ質問でき疑問に思った点がすぐに解決できるような環境(クラス平均2-3名で個別指導あり)を本校では提供します。

中学1年生の文法は、一見すると簡単だが、実は、英語の基本中の基本であり、間違えて習うと、中学高校大学と全てにわたり、苦しい。例えば、動詞の語尾にsがつくのは「三単現のs」とだけしか習わない場合が多く、動詞の語尾のsは全て「三単現のs」と思っている人は、もうすでにアウト。手遅れにならないうちに本校へ。アメリカでは小学校1年生の教科書で習う文法なのに・・・。

リーディング

長文読解(リーディング)については、教科書に載っている本文の読解を基本に据えて、そのほかにも英検4級レベルの英文を多量に読んでいきます。この多読によって語彙も定着し読むことへの抵抗感をなくします。また読解だけでなく声を出して読む「音読」も取り入れていきます。この音読によって英語の表現が身につくだけでなく英語特有のリズムも体得することができます。意味を理解している文章を繰り返し繰り返し音読することは英語の習得においてとても効果があり大切な練習です。

ライティング

ライティング(作文)は習得した文法事項について、文法的な間違いをせず文を書けることを目指します。そのために当校で用意している英作文の練習問題を講師が添削しながら進めていきます。その際スペルが正しく書けているかもチェックしながらある程度のスピードで書けるように指導します。

スピーキングとリスニング

いわゆる「コミュニケーション」は学校ではどうしても練習不足になりがちです。当校では英検4級のレベル(アメリカの小学校の1-2年レベル)に合わせたリスニング教材を使い「耳」からの英語学習を行います。聞き取り能力を向上させるためにディクテーション(聞こえた英語を書きとっていく練習)を行い正しく聞き取れているかをチェックします。

スピーキングは教科書に載っている基本的な表現を実際に発話できるようにします。英語は実際に自分で発音してみないとスピーキングが出来るようにならないため、講師は簡単な挨拶や表現を英語で話しかけるようにします。これにレスポンス(受け答え)することによって自然とスピーキングの基礎を養っていきます。

ここはACT英語学校 横浜東神奈川教室

コース紹介  >  中学英語総合  >  中学1年英語総合   です。

サイトマップ