医学部・歯学部・薬学部の英語の予備校なら個別指導のACT英語学校 横浜東神奈川教室

医学部・歯学部・薬学部の対策に英検1級満点/準満点講師と専任プロ講師が個別指導する驚異の合格実績

ACT英語学校 横浜東神奈川教室は医学部・歯学部・薬学部の個別指導で対策。

京浜東北線と横浜線の東神奈川、京急線の仲木戸、東横線の東白楽から徒歩2〜4分。

ACT英語学校のロゴ

医学部・歯学部・薬学部・看護学部の英語の教材と勉強法

人の健康に携わる重要な職業に就き社会貢献していく中で、英語の文献も参照することで、知識量を増やす必要が出てくるという、そういう機会がきっとあるだろう。その礎となるべく英語力を身につけよう。

医学部と歯学部の受験に必要な英語力を身に付けるための勉強法

医学部受験だけに限らず、合格する人は複数校の受験で複数校の合格があるのに対し、不合格の人は、何校受けても全て不合格になるということがある。市販の医学部受験英語の参考書を買いあさってすべて目を通した割には、模擬試験で実感が得られず、結果もやはりおもわしくないという状況があるならば、手段を変えて打開しなければならない。

たとえば、National Center for Biotechnology Informationのホームページは訪れただろうか?中には、サンプルサイズの少ない実験報告で信頼できるソースとしては要注意なものがあるが、英語で書かれたものの中で、医師がまず参照にするサイトである。当、英語教室(英語の予備校的な存在ではあるが・・・)では、特に、Nature誌ではもちろんのこと、TIME誌やNewsweek誌などで紹介される自然科学系(生物など)トピックに関連したものは、読んで、対策をする。

もちろん、中学生の英文法が完璧でないとか、そういうことが、実は、良くある。当然ながら、中学高校の英文法や語法などは、マスターするわけだが、医学部受験の英語の教材としては、理系(自然科学や社会科学)の内容の長文の中で、英文法や語法や表現の最終確認ができるようになっている。

薬学部の受験に必要な英語力を身に付けるための勉強法

薬学部を受験する生徒で試験直前の駆け込み寺のようにして本校に訪れた生徒がいた。理系科目に集中していて、それは問題ないのだが、英語だけが、平均に満たないとのこと。アメリカで薬学部や薬学をどう呼んでいるか(英語で「薬学部」をなんていうか)を知らないという状況であった。「School of medicine」と思った人は、彼と同じで誤り。それでは、「医学部」になってしまう。3ヶ月間、猛勉強して、第1志望の東京理科大学薬学部に入学されました。

看護学部(科)の受験に必要な英語力を身に付けるための勉強法

入学試験では、特に面接において、高校生活の充実や、文系科目の成績配分や部活動などについても、言及し、人間としての幅や深みをどれくらい増すことができるのかを判断されます。

また、英語で医療倫理に関する出題がある場合も想定し、対策するのが賢明です。後期の試験では、医学部などの本命落ちの学生と一緒に受験することになり、その中から、合格を獲得することになるので、努力が必要です。センター試験では8割以上を目指しましょう。

(東京編)看護学科の受験で当英語塾で対策できる大学の例(一部)

下記は一例であり東京にあるその他の大学の看護学科の受験英語対策も行っております。

(神奈川編)看護学科の受験で当英語塾で対策できる大学の例(一部)

下記は一例であり神奈川県にあるその他の大学の看護学科の受験英語対策も行っております。

ここはACT英語学校 横浜東神奈川教室

コース紹介  >  大学受験英語  >  医学部・歯学部・薬学部   です。

サイトマップ